専門科目

【法政通信】教育法

 

 

こんにちは、りゅうやん。です!

 

今回は、法政通信で「教育法」を学んだお話です。

リポ&単修で4単位履修しました。

 

はじめに

 

記事を読んでもらうときの注意事項があります。

読まれていない方は、一読されておくことをオススメします!

【法政通信】履修単位に関する記事の、読み方と注意事項【おせっかい】 こんにちは、りゅうやん。です! タイトル通り、これから履修・修得した科目ごとの記事を投稿していきます。 そこ...

 

法政通信における専門科目「教育法」の位置づけとは?

 

法政大学法学部法律学科(通信教育課程)で3学年以上から、履修することができます。

また、選択科目の1つでもあります。

【法政通信】法学部のカリキュラムについて解説! こんにちは、りゅうやん。です! 法政大学通信教育部におけるカリキュラムで、法学部法律学科で履修・修得しなければなら...

 

【4単位】教育法のリポ&単修

履修データ

【指定テキスト】

タイトルガイドブック教育法
第○版新訂版
著者金子正史・戸波 江二・唐澤 明・吉岡 直子・姉崎洋一・荒牧重人・小川正人・喜多明人
出版社三省堂
出版年2015年

 

【リポート設題1】

合格年月2015年5月
評価C
文字数2051字
合格回数1回
リポート添削者村元宏行

【リポート設題2】

合格年月2015年5月
評価C
文字数2081字
合格回数1回
リポート添削者村元宏行

 

【単位修得試験】

合格年月2015年6月
評価C
合格回数1回

 

リポート学習について

 

リポート講評には、

「設題に書かれたことに対する説明だけでなく、その先の問題を見つけ、それに言及することが必要」

と書かれましたね。

 

【設題1】

教育行政にかかわる問題で、学力テスト事件について扱いました。

先生からは「この事件の判決を踏まえて説明してほしい」と言われ、考察がまだまだ不十分でした。

【設題2】

いじめ問題に対する学校の責任問題を扱いました。

こちらも講評で「他の問題点を指摘するなといわないが、あくまで設題で問われていることに言及し、詳しくリポートしてください」とのこと。

まー、確かに、学校の責任だけでなく、いじめた側の子供や親の責任まで追及して書きましたからねー……(^_^;)

小中学生のとき、いじめにあっていたので、その経験からものすごい熱を入れて書いた結果が、設題意図から脱線してしまった…、ということですね。

誰かから学んだことより、自分が身をもって経験したことのほうが、熱く語ることができますが、あまり感情的になってしまってはダメですね、反省しています…。

 

追記:2019年1月2日

 

教育を学ぶ意味を考えるにあたっての良書を紹介します!

「わかる・役立つ 教育学入門」です。

教育や学校のありかたが変わり、教育現場が直面するさまざまな問題をとりあげています。

教育について学びたい学生や教師の学び直し、教育法を学ぶ入門としてもオススメです。

 

 

単位修得試験について

 

教育に関する問題点について、法的争点を問う内容が多い印象でした。

テキストを読み込み、あらゆる事例を掘り下げて学習していれば、ある程度は書けると思います。

 

【まとめ】今回、学んだことは?

 

教育法
  1. 設題に示された内容の説明だけでなく、その先にも踏み込む
  2. 設題の意図と異なる説明を加えると、評価は低くなる
  3. 試験対策は、教育問題の法的争点に多く触れる

 

設題にいじめに関する内容があったので、「これは書けそうだ!」と思いましたが、個人的に考えたことを調べるあまり、脱線してしまいました…(^_^;)

ちゃんと、設題の意図を汲まないといけませんね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ではでは(^_^)v

 

 

 

法政通信をもっと知りたい!

法政大学(通信)のまとめた記事があるので、こちらも参考に読んでみてください!

 

カテゴリーからさがしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です