専門科目

【法政通信】国際法各論

 

 

こんにちは、りゅうやん。です!

 

今回は、法政通信で「国際法各論」を学んだお話です。

スクーリングを1回だけ受けました。

 

はじめに

 

記事を読んでもらうときの注意事項があります。

読まれていない方は、一読されておくことをオススメします!

【法政通信】履修単位に関する記事の、読み方と注意事項【おせっかい】 こんにちは、りゅうやん。です! タイトル通り、これから履修・修得した科目ごとの記事を投稿していきます。 そこ...

 

法政通信の専門科目「国際法各論」の位置づけとは?

法政大学法学部法律学科(通信教育課程)で4学年以上から、履修することができます。

また、選択必修科目の1つでもあります。

【法政通信】法学部のカリキュラムについて解説! こんにちは、りゅうやん。です! 法政大学通信教育部におけるカリキュラムで、法学部法律学科で履修・修得しなければなら...

 

【2単位】国際法各論スクーリング

履修データ

受講年度2015年度 冬スクーリング
評価A
担当者田中佐代子
レジュメの配布あり

 

【指定テキスト】

タイトル講義国際法
第○版第2版
著者小寺彰・岩沢雄司・森田章夫
出版社有斐閣
出版年2010年

 

 

条約集は、自分が受けた当時の使ったものを紹介しておきます。

講義概要

 

国際法の各論分野のから、

【国際法における個人】

  • 個人の国際法主体性、国籍
  • 外国人の地位
  • 犯罪人の引き渡し
  • 難民の保護

【人権】

  • 国際法における人権の歴史
  • 実体規則
  • 履行確保

【武力紛争法】

  • 武力行使法における歴史、適用範囲
  • 戦闘手段・方法の規制
  • 犠牲者の保護
  • 履行確保
  • 武力紛争非当事国の法的地位

これらに沿って講義が進められました。

 

受講した感想

 

レジュメが配られますが、ノート作りがとても重要になります!

授業の進め方やノート作りに関しては、国際法総論のスクーリングと同じなので、詳しく知りたい方はそちらの記事もご覧ください。

【法政通信】国際法総論 こんにちは、りゅうやん。です! 今回は、法政通信で「国際法総論」を学んだお話です。 スクーリングを1回だけ受...

 

【疑問】総論を学習せず、各論を先に履修しても大丈夫なのか?

スクーリングでは国際法総論を受けずに、あるいはリポ&単修で履修せず、各論を先に受けられる方が大勢いました。

先生は初学者向けに基本事項の説明もしてくれるので、安心して受講できます!

 

しかし、総論を履修してから受けたほうが、理解の度合いは全く違うと思います。

僕は総論を先に履修し、同じ先生のスクを受けたため、授業形式もわかっていたので、理解やノート作りは万全でした。

 

ノートをガリガリ書き続けた結果、各論ではノート40ページ分も書きました!

いやー、書くだけでも疲れますねー(^_^;)

 

あと、個人的主観ですが、先生は美人でした!

 

試験・評価について

試験形式○×問題・論述
持ち込み可否可(レジュメ、自筆ノート、条約集)
その他テキスト、コピーしたノートの持ち込みは不可

ノートは自筆のみで、他人が書いたノートをコピーして持ち込むことはできません。

そのため、自筆でのノート作りをきちんとしてないと試験時に大きく響きます!

 

試験形式は、○×問題論述問題の2つでした。

【○×問題】

選択肢が、

  • ○(当てはまる)
  • ×(当てはまらない)
  • △(どちらともいえない)

…の3種類ありました。

しかも、解答が×や△の場合は、その理由の説明が必要です。

けっこう面倒でしたね…。

 

【論述問題】

授業内で扱った判例をベースにした内容でした。

ノートにしっかりまとめることができていれば、それほど苦労はしないと思います。

 

【まとめ】今回、学んだことは?

 

国際法各論
  1. ノート作りが必要
  2. 授業とは別で復習が必要

 

総論のスクーリングと同じ要領だったので、授業にはちゃんとついていけました!

また、予習・復習もかかせませんね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ではでは(^_^)v

 

 

 

法政通信をもっと知りたい!

法政大学(通信)のまとめた記事があるので、こちらも参考に読んでみてください!

 

カテゴリーからさがしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です