大学図書館

【山手コンソ】明治学院大学図書館

 

こんにちは!

図書館めぐりが好きな男、りゅうやん。です!

 

大学で勉強するとき大学図書館をよく利用していました。

また、山手コンソーシアムを使って、都内の大学図書館にも足を運んでいました。

そこで、山手コンソーシアムで利用できる大学図書館について、役立つ情報をお届けします!

 

今回は、明治学院大学の図書館です!

 

山手コンソーシアムとは?

 

情報化社会を生き抜くために、教育や研究をより充実させていかなければなりません。

しかし、時代の変革によって、利用者のニーズ・サービスを提供するのに、1つの大学だけでは対応できなくなっています。

そこで山手線沿線の8つの私立大学がコンソーシアムを形成し、相互の協力していくことで活動していこうじゃないか!という取り組みです。

  1. 法政大学
  2. 青山学院大学
  3. 学習院大学
  4. 國學院大學
  5. 東洋大学
  6. 明治学院大学
  7. 明治大学
  8. 立教大学

 

山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム こんにちは、りゅうやん。です! 突然ですが、山手線沿線私立大学図書館コンソーシアムを知ってますか? これは山...

 

スポンサーリンク

 

利用するときの注意事項(全館共通)

誰でも利用できるの?

 

大学図書館は誰でも入れるわけではありません。

図書館によって利用できる人に決まりがあるので、詳しくは利用したい図書館に問い合わせしてください。

※だいたい、図書館ホームページの「校友・学外者の利用」ページに詳しく書いてあります

たとえば、

  • 大学の卒業生
  • 協定校に所属している(山手コンソなど)
  • 個別に相互利用協定を結んでいる大学
  • 公共図書館からの紹介状がある
  • 地域公開のような、大学所在地に在住または在勤している人が利用できるもの

 

利用するときには何が必要なの?

 

今回は山手コンソを中心に扱っているので、それ以外の利用云々は書いてないのでご了承ください。

必要なものは…

所属大学の学生証もしくは教職員証です!

あとはとくにいらないですけね…。

強いて言うならば、他大学におじゃましているので、「迷惑をかけない心」でしょうかねー。

では、いってみましょう!

 

大学の所在地

 

明治学院大学図書館

白金校舎図書館東京都港区白金台1-2-37
横浜校舎図書館神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1518

 

図書館の利用方法

 

図書館の利用に通教生と卒業生はライブラリーカードの発行が必要です

初めての利用

 

(山手コンソ)

所属大学の身分証または学生証の提示が必要です。

入館・貸出に必要なライブラリーカードは無料で作成できます。

 

【見本】ライブラリーカードを作成した!

 

※作成した当時のものです。

※現在のデザインとは異なるかもしれませんので、ご了承ください。

 

2013年度に作成したライブラリーカードです。

【おもて】

 

【うら】

 

 

ライブラリーカードの更新

 

ライブラリーカードの更新は、1年ごとに必要です。

学生証の裏面シールを貼り替えたもの(新年度)とライブラリーカードが必要です。

 

ライブラリーカードの再発行

 

ライブラリーカードを紛失または破損した場合は、有料(500円)で再発行できるので、
各キャンパスのカウンターで手続してください。

貸出期間は、2週間までとなっています。

 

明治学院大学図書館OPAC

 

OPAC(オパック:Online Public Access Catalogueの略)とは、書名や著者名、キーワードなどから図書館で所蔵している資料を検索することができます。

その他に、貸出中の資料の予約、貸出延長(1回)、他のキャンパスからの取り寄せが可能です。

 

スポンサーリンク

 

利用してみた感想

 

白金キャンパスしか利用したことはありませんでしたが、JR品川駅から歩って向かうとき、途中の坂道がしんどかった記憶しかありませんでした…。

また、キャンパス内の案内を見ながらでないと、図書館がどこにあるかわからなかったですね。汗

図書館の入り口には改札しかなく、初めての人は近くにある電話機(内線)を使って、司書の方を呼ぶことになります。

そのときは、「山手コンソーシアムの利用で参りました~」といえば通じます。

 

館内はとても静かで、うすぐらーい感じでした。

 

図書館の利用・貸出カードを兼ねたライブラリーカードを作成することができますが、他大学と違って即日発行はできませんでした。

※現在も同じ対応かは不明なため、詳しくは明治学院大学図書館にお問い合わせください。

 

ライブラリーカードにicチップが埋め込まれており(利用当時)、カード受け取りは…、

  • 後日、図書館に来て直接受け取る(連絡はしてくれる)
  • 郵送で受け取る

の、どちらかから選べます。

僕は郵送受け取りを選び、受け取るまでに1週間近くはかかったと記憶しています。

ライブラリーカードにicチップが入っているというのは、交通系電子マネーのように、カードをかざして利用するのです。

法政大学ではカードをスキャンして入館するので、これと比べると「ハイテクだな~」と感じましたね。

 

まとめ

 

山手コンソで他大学の図書館を利用していた~といっても、明治学院大学図書館は1回しか行きませんでしたね…。

なんせ、品川駅からの坂道がしんどくてしんどくて…。

でも、図書館に限らず大学全体の雰囲気も良いので、利用できる方はせひ寄ってみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ではでは(^_^)v

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です