IT資格

【IT資格】LinuCのレベル1試験を受けた話をしようか

 

こんにちは、りゅうやん。です!

 

ぼくは大学卒業後、IT系の会社に就職しました。

さまざまな知識をつけていかないといけませんが、IT資格というのはたくさんあるので、どれからとればいいのかわからなくなります。

 

そこで今回は、IT資格としては、わりと有名(?)な部類で入るであろうLinuxのレベル1試験をまとめてみました。

 

LinuC試験とは?

 

LinuCは、Linuxの技術者認定試験のことです。

この試験は世界共通基準でおこなわれており、Linuxのスキルを判断する基準になっています。

 

Linuxとか、そのへんの詳しいことは↓の記事でまとめています。

【IT資格】ベンダー資格として有名なLinuC(LPIC)についてまとめてみた こんにちは、りゅうやん。です! ぼくはIT業界で仕事をしているのですが、スキルアップのためにいろいろと勉強しなけれ...

 

試験について

 

レベルLinuC-1(LPIC-1)
レベルの認定条件101試験と102試験の両方に合格
受験資格誰でも受けられる
申し込みいつでも可能で、好きなときに受けられる
試験会場全国に専用の試験センターがある
受験料1試験:1万5000円+税
試験方式CBT方式(マウスによる選択とキーボード入力の問題がある)
問題数1試験:60問
出題方式四者択一
試験時間1試験:90分
合格ライン約65%以上(試験によって変動あり)
試験結果試験終了後にすぐ採点され、合否が確認できる
試験内容LLinuxの基本操作や構築、運用、管理など
その他5年以内に両方の試験に合格しないと、認定は失効してしまう

 

試験概要とか見て思ったことは2つありました。

それは、

  • 受験料が高いこと(1回につき1万5000円+税)
  • 同一レベルの別試験を2つ合格しないと、資格として認定されない

 

ということは、

レベル1の認定を受けるには、合計で3万円+税の受験料が必要だということ!

 

りゅうやん。
りゅうやん。
出費がかさむわ~

 

勉強にはどんなテキストがいいのか?

 

ぼくは会社に入ってITの勉強をするまでは、Linuxという存在すら知りませんでした。

入社後に研修があったとはいえ、ちゃんと理解することはできませんでしたね。

なので、まずはじめは試験問題うんぬんより、

  • Linuxとはなんなのか?
  • どんな仕組みなのか?
  • 試験勉強前の基礎固め

 

これらを身につけるための、初学者向けテキストとしては「1週間でLPICの基礎が学べる本」を紹介します。

 

このテキストでは、試験合格へのはじめの一歩というスタンスで書かれていますが、試験に限らずLinuxを扱う上で知っておきたい基礎がわかりやすく解説されています。

Linuxを初めて学ぶ、あるいは基礎を振り返りたい人にオススメです!

 

紙のテキスト・問題集

Linux教科書 LPICレベル1(通称:あずき本)

 

通称「あずき本」とよばれる、ぶあつーいテキストです。

 

LPI認定であり、試験勉強としては誰もが手にするものだと思いますね。

 

LPICレベル1 スピードマスター問題集(通称:白本)

 

あと、通称「白本」とよばれる問題集である「Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集」もご紹介しておきます。

 

基本から応用までを網羅し、解答と解説がとても充実した内容となってます。

知識だけでなく、実務経験が十分にあれば、これ1冊だけでも試験にしっかり対応できるだろうという感じですね。

 

Webのテキスト・問題集

Ping-t

 

利用するときにユーザー登録は必要ですが、様々なIT資格の勉強が無料(一部は有料)で使えます。

LinuC(LPIC)では、101試験は無料で利用できますが、102試験は有料コンテンツとなります。

分野別モードや模擬試験モードを選ぶことができ、出題順や出題された年度ごとにもわけられるので、弱点を重点的に勉強することができます。

Ping-t へ!

 

LinuCイージス

 

無料のWeb教科書ですが、個人の方が運営しているにもかかわらず、市販のテキストと遜色のない充実した内容です。

紙のテキストを持ち歩くのはちょっと…と思っているぼくだったので、スマホで見て勉強してました。

LinuCレベル1の、101試験と102試験に対応しており、両方とも無料で見ることができます!

LinuCイージス へ!

 

CramMedia

 

有料サイトになってっしまいますが、問題演習としてCramMedia(クラムメディア)もオススメですね!

内容は、なんとクラムメディアの問題がそのまま試験に出るというのです

 

ネットでクラムメディアを利用したことがある人の感想をみると

男性の口コミ
男性の口コミ
クラムメディアの問題がそのまま出てきた!
女性の口コミ
女性の口コミ
問題の的中率が高くてビックリしました!

という声がたくさん出てきたのです!

 

試験に絶対受かりたいならば、これは利用するしかないですね!

LPIC - 1

LPIC – 1

 

クラムメディアはITILファンデーションでも教材がありますね!

【IT資格】ITIL ファンデーションを取った話をしようか こんにちは! 毎日PCと向かい合っている男、りゅうやん。です! ITの会社に入社してから、ITに関する資格を...

 

ちなみに、りゅうやん。が使ってたテキストは?

 

ぼくが勉強で使っていたのは、

紙のテキストLPI認定のあずき本
WebのテキストPing-t、LinuCイージス

これらを使ってました。

 

受験してみた感想

 

受験したのは101試験です。

試験センターはITILやJP1のときと同じ場所を選んだので、道に迷ったり試験会場の雰囲気にのまれてーとかはなかったですね。

 

実際の試験で感じたことは、

りゅうやん。
りゅうやん。
90分の試験時間は長いな~

 

ITILの60分や、JP1の40分より長いですからねー!(棒読み)

 

気になる試験結果は…?

 

不合格!!!

 

りゅうやん。
りゅうやん。
………。もっと勉強しなきゃ…。

 

まとめ

 

今回はIT系資格の1つである、LinuC(LPIC)のレベル1の試験についてまとめました。

 

試験には不合格でしたが、今回の受験で「Linuxに対するアレルギー」を獲得しました!苦笑

まー、勉強にだいぶ支障をきたすというか、勉強しようとするとじんましんが出るので、しばらくは勉強できない感じですね…。

他の資格をとりながら、いずれまた挑戦したいと思いますね。(いつになるやら)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ではでは(^_^)v

 

 

 

コメントを残す